婚活女子必見! 20~40代の女性の美容のお悩みとその対処法

公開日:

どの年代の女性も、美容に関する悩みは尽きません。
今の女性たちはどんなことに悩み、どんな風に対処しているのでしょうか?
いつまでも生き生きと若々しい女性でありたいですよね。

カテゴリー
サブカテゴリー
カテゴリー
関連ワード
関連ワード

目次

婚活女子必見! 20~40代の女性の美容のお悩みとその対処法
婚活女子必見! 20~40代の女性の美容のお悩みとその対処法

肌(顔)に関する悩みと対処法

シミ

シミの原因はいろいろありますが、一番よく知られているのが紫外線です。
他にも、加齢やストレス・睡眠不足、肌荒れ、ニキビ、ホルモンバランスの乱れなど人によってさまざまです。

シミは30~40代の女性の美容の悩みナンバーワンかもしれませんね。
シミには大きく分けて3つタイプがあります。

① 肝斑
一般的なシミの多くは肝斑です。茶褐色のシミが、額や頬、目や口の周りに左右対称に出来ます。表皮の中でも一番下の基底層にあるメラノサイトによって作られるメラニン色素が、紫外線の影響で増え、皮膚の中に沈着して出来たものです。

② 老人性色素斑
特に高齢者の額から頬にかけて出来るシミです。原因ははっきり解明されていませんが、老化による皮膚の変化だと言われています。時には20歳代でも現れる場合もあり、「光老化性色素斑」とも呼ばれます。

③ 炎症性色素斑
ニキビやかぶれ、やけど、アトピーなどの炎症が起こり、その物理的刺激や活性酸素によって色素細胞が刺激を受け、大量のメラニンが生成され、それが排出されずに沈着して出来たシミです。顔だけでなく、全身に現れるのが特徴です。

対処法

ビタミンC誘導体やハイドロキノン配合の美白化粧水を使う。

年齢と共に増えるシミをなんとかしたいと思う女性たち向けに、さまざまな化粧品が販売されています。
出来ればシミに効く成分が多く含まれた化粧水を使いたいものです。

富士フィルム アスタリフトホワイト
http://shop-healthcare.fujifilm.jp/special/astalift-white/index.html

より多くのビタミンC、Lシステイン配合のサプリメントを摂る。

出来てしまったシミはなかなか消えませんが、身体の中から改善していくのも大事です。
すぐ効果が出る人、なかなか効果が出なくていろいろなサプリに手を出してしまう人も多いでしょう。
自分に合ったサプリに早く出会えるといいですよね。

ロスミンローヤル
https://ainz-tulpe.com/lp/rossmin_1step_winter/?gclid=CIKDkZ_v2dICFZRvvAodgu0MKw

皮膚科レーザー治療をする。

最近は皮膚科でレーザー治療を行う人も少なくありません。
ただ、人や症状によっては、目立たなくなるけれども完全にはシミが取れない場合もあります。

しかもレーザー治療は保険適応外なので、ある程度のお金がかかります。
金額も病院やシミの大きさによって変わってくるので、気になる方は一度受診してみるのもいいかもしれませんね。

しわ

30代を過ぎた女性の気になる悩みに多いのが、しわです。
原因はさまざまですが、しわといっても何種類もあるのをご存知でしょうか?

① 表皮にできるしわ(小じわ)
目や口の周りにできるしわです。
特に肌の乾燥によって起きる角質層のトラブルの一つです。
見分け方としては、指と指でしわを広げ、しわが見られなくなったら、小じわということです。

② 縮れたようなしわ(ちりめんじわ)
顔の部位に関係なくできる、細かいちりめん状のしわで、体内の異常で出来ることが多いです。
例えば高熱が出て、脱水症状になっている時や、ダイエットなどによる急激な体重減少、極度の栄養失調などが原因です。他にも、肌荒れや炎症、湿疹などの皮膚の病気の後に、見られることもあります。

③ 感情表現によるしわ(表情じわ)
笑ったり、泣いたり、話したり、感情表現する際に生じるしわです。
人間の顔には40数個にも及ぶ表情筋があり、それらが伸びたり縮んだりすることで収縮表情がつくられています。ですから感情豊かな人ほど多いかもしれませんね。

④ 年齢とともにできるしわ(大じわ)
皮膚の表面にある皮溝が、年齢とともに深くなったものが大じわです。
加齢や紫外線などの影響で、真皮の柔軟性や弾力性が低下し、表情筋の衰えが加わって、瞼や目の下、口元、フェイスラインなどがたるんで発生する、深くはっきりとしたしわです。ほうれい線が目立つのもこれが原因です。

対処法

とにかく保湿!化粧水で水分補給し、乳液で閉じ込める。

毎日の保湿ケアの基本は、洗顔後やお風呂上がりには、すぐに化粧水と乳液などの保湿化粧品をつけることです。特にお風呂上がりは、水分が最も蒸発しやすい状態なので気を付けましょう。
乾燥が気になる時は、週に何度かパックをするのもおすすめです

ルルルン
http://lululun.com/

他にも、肌を乾燥から守り、柔らかく、しなやかに保つ働きがあるシアバター。乾燥しやすい、ひじやかかとの部分にも使えますよ。

ロクシタン シア製品一覧
http://jp.loccitane.com/シア,123,2,66089,0.htm

コラーゲンを補給する

年齢と共に真皮のコラーゲンは減少し、それがたるみの原因にもなっています。
1日に分解されるコラーゲンは約1~4gと言われています。
出来れば1日5g程度のコラーゲンを毎日摂りたいものですね。

必要なのは、良質なたんぱく質とビタミンです。コラーゲンが多く含まれている、手羽先や豚足、フカヒレなどの食品を食べるのが理想的ですが、毎日となると難しいですよね。

その場合、サプリメントやドリンクなどもうまく利用しましょう。せっかく摂るのですから、低分子化された吸収率の良いものを選ぶといいと思います。コラーゲンは毎日摂ることが重要です。体外から摂る場合、ビタミンC配合の美容液を使用するのがおすすめですよ。

顔の筋肉を鍛える

肌を支える力が弱くなることで重力に逆らえなくなり皮膚が下がってしまうのですから、顔の筋肉を鍛えていきましょう。
もともと日本語の発音方法や感情の表現方法は、海外に比べておとなしく、あまり顔の筋肉を使わないと言われています。だから意識的に表情筋を動かすようにしなければなりません。

「あいうえお」を大きく口を開けて発音してみたり、片目ずつウインクしてみたり、誰もいないところで変顔をしてみたり、顔の筋肉全てを動かすイメージです。
よく噛まないといけない食べ物やガムなど、顎を動かすのも手軽に出来る方法ですね。

ニキビ・ニキビ跡

にきびは何故出来るのでしょうか?
10代の頃から出来始めるにきびは、年齢とともに、大人にきび、吹き出物と呼ばれるようになりますよね。
原因は大きく3つに分かれます。

① 毛穴の詰まり
あなたは夜遅く帰ってきて、面倒くさいからと化粧を落とさずにそのまま寝てしまうことはありませんか?それは化粧品の成分が毛穴に残って、毛穴が詰まる原因になるのです。
皮脂が過剰に分泌された状態を放置すると毛穴が詰まってしまうのです。
その中にアクネ菌が入り込んで、詰まった脂を過酸化脂質に変えたのがにきびです。

② 食生活の乱れ
脂っこい食べ物やお肉は美味しいですよね。毎日揚げ物や肉類ばかり食べていませんか?
野菜は苦手だからあんまり食べない、という食生活では皮脂量が増えるのは当然です。
脂っこいものばかりではなく、緑黄色野菜などをバランス良く食べることが大切です。

③ ストレスや睡眠不足
毎日慌ただしい生活を送っていると、どうしてもストレスが溜まったり、睡眠不足になってしまいますよね。
そういう生活が続くと、自律神経のバランスが乱れて、交感神経が副交感神経よりも働くので、男性ホルモンを分泌させ、皮脂が過剰に分泌される原因となります。

対処法

正しいスキンケアを行う。

皮脂の過剰分泌はにきびの原因の一つですが、だからといって皮脂を流し過ぎるのも良くありません。
皮脂を洗い流し過ぎて、肌が突っ張り乾燥すると、肌のバリア機能が失われて肌の炎症が起こりやすくなります。
また乾燥肌の人は角質が固くなりやすく、毛穴が詰まりやすいのです。
洗顔はごしごしするのではなく、優しくしましょう。
優しく洗い流した後はしっかりと保湿することが大切です。
にきびで顔が脂っぽいからといって、さっぱりタイプのものを選ぶと逆効果になることがあります。
乾燥して潤いが保てないために皮脂が過剰分泌されるので、すから、たっぷりの化粧水で保湿した後は、適量の乳液で膜を作り、水分を逃さないようにしましょう。

ラッシュパワーマスク
http://www.cosme.net/product/product_id/274743/top

ビタミンを積極的に摂る!

にきびケアにはビタミンが不可欠です。
正しい食生活でビタミンを意識して摂るように心がけましょう。
ビタミンBを摂るにはレバーが一番です。豆腐、納豆、豆乳、きなこなどの大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのバランスを整える働きがあるので、生理前ににきびが出来るという人にはおすすめです。

何でも過剰に摂取するのは良くありません。1日50mg前後を目安に摂るようにしましょう。

キャベツやレタスなどの葉もの野菜よりは、人参、ピーマン、ほうれん草、カボチャなど色の濃い野菜を食べる方が効果的です。アセロラや柿、パプリカなどは、ビタミンCがとても多いですが、毎日食べるのは難しいですよね。
年間を通じて、手に入れやすく手軽なのはキウイです。
生で食べたり、スムージーなどにして摂るのもおすすめです。
キウイは1個半程度で1日に必要なビタミンCを摂ることが出来ます。
食事からビタミンを摂ることが難しい時には、サプリメントを利用するのはどうでしょう。最近はマルチビタミンなど、一度にたくさんの種類のビタミンが摂れるので手軽です。

まとめ

加齢とともに、肌の弾力やハリを維持するのが難しいのは変えられない事実です。

でも自分に合ったスキンケアと、なるべくストレスをためこまない努力や、規則正しい生活で十分な睡眠を取ること、栄養バランスを考えた食生活で、きっと素敵な年を重ねていけるはずです。

悩みは人それぞれですが、1人で抱え込まず、少しでも改善できるように自分なりに努力していきたいですね。

以下の記事も合わせてお読みくださいね!

各種ランキング

  • 婚活・恋活
    パーティー
  • 婚活・恋活
    マッチング
    アプリ
  • 結婚
    相談所

一番上へ戻る

目次